バックカメラ取り付け

前書き

以前乗っていたマーチから、車幅も全長も大幅に増加した「ラフェスタハイウェイスター」。
特に、バックで道路に出るとき、左右が塀だとその先がよく見えず、危ないなと感じていた。

ナビの取り付けを某カーショップ(オ○トバックス)にお願いするがてら、バックカメラもつけようと見積もりを出してもらった。
ナビ見積もりでは、ナビ価格+バックカメラ価格+取り付け工賃ということで、ナビ納品を1週間程度待つことでいったん帰宅。
一週間後、車を入庫し取り付けしてもらおうとしたが、店内放送でなぜか呼び出される。
「ナビ取り付けには、変換ハーネスが必要」、「取り付け工賃にバックカメラ分が入っていない」と、文句を垂れてくる。

見積もり時にそんなこと聞いてないので、「見積もり取った者に連絡をつけろ」といっても、「不在で連絡できない」などふざけた対応。
変換ハーネスなんぞなくても、どうせギボシ端子だろうが・・・と思いながらも、仕方ないので変換ハーネスは追加購入した。
バックカメラは、カメラ本体が8,000円くらいなのに、工賃が15,000円くらいかかるという。
ナビ取り付け工賃で10,000円払ってるし、そもそもそれでバックカメラ付くという話だったのに。

さすがに頭にきたので、バックカメラは持ち帰り、自分で取り付けることにした。

続きを読む バックカメラ取り付け

充電器「BQ-390」のインジケータ追加改造

前書き

Panasonicの充電器「BQ-390」は、単3・単4の充電池を1本ずつ、最大でそれぞれ2本・4本充電できる。
1本ずつの充電制御なので、直列充電で起こりがちな過充電が起きにくいので、充電池の寿命は延びる。電池の製造上や特性の違いからくる容量差を気にせず使えるからだ。

しかし、1つ不便なのは、すべての充電池の充電が終わるまで、充電完了が分からないということだ。1本ずつの充電であるため、充電が完了した充電池は、別の充電池の充電池が終わるまで、トリクル充電で待機している。
急いで電池を使いたいときに、いささか不便を感じる。

この「BQ-390」の後継は、電池1本ずつに充電状態を表示するインジケータがついていて、充電状態を確認できる。そこで、このインジケータをまねてみることにした。

続きを読む 充電器「BQ-390」のインジケータ追加改造